論文

基本情報

氏名 甲原 定房
氏名(カナ) コウハラ サダフサ
氏名(英語) KOHARA Sadafusa

タイトル

記述的規範への焦点化が睡眠・朝食摂取行動に与える効果

単著・共著の区分

単著

誌名

山口県立大学学術情報 第13号 (高等教育センター紀要 第4号)

 

 

ページ

63-68

発行年月

2020/03

著者

甲原定房

査読の有無

.

記述言語

日本語

概要

高校生の睡眠・朝食摂取行動に関する記述的規範を明確にすることで,両行動を改善できるか否か検証した。調査対象者は予備調査では高校3年生105名。本調査では高校2年生185名であった。周囲の高校生の80%以上が「朝食を食べている」,約90%が「元気に活動するためには睡眠が大切である」という意見に賛同しているという情報を保健室が発行する「保健室だより」 に掲載したクラスを実験群とし,このような情報を掲載していない「保健室だより」を受け取ったクラスを統制群とした。結果から記述的規範の明確化の効果は見られなかった。この結果について要因操作の改善等の視点から検討した。